福岡で歯科医師にセミナーを行います。

2019.10.29

「ニューロマスキュラーデンティストリー入門~顎位の偏位を理解するために~」のご案内

 

神経筋機構に調和した生理的な咬合理論をマイオトロニクス社製「マイオモニター」と「K7エバリュエーションシステム」を使用してわかりやすく解説いたします。

2019102916081249102.png

~顎位の偏位を理解するために~

全顎的な治療に際し、歯の状態を確認することも必要ですが、まずどの位置で咬合再構成を行うかが重要です。

顎位が不安定で咬合採得が難しい、正しい顎位で再構成するための基準が欲しい、咬合が 原因と思われる不定愁訴を改善したいなどの悩みをお持ちの歯科医師の方には最も有効なセミナーです。本コースは歯科医師として必ず身につけるべき生理的咬合の基本概念と診断、治療術式について講義とデモによりわかりやすく解説します。

 

IMG_4740_1.jpg

 

 【日時】

20191130日(土)・121日(日)

【場所】

株式会社モリタ福岡支店 2F会議室

【内容】

◉ニューロマスキュラーデンティストリー(生理的咬合)の基本概念 

◉下顎位について 

◉スプリント(オーソシス)について(製作の為の咬合採得デモ)

◉下顎運動測定器及び筋電計  (K7エバリュエーションシステムEX Black)の使用法と解説

 

Lecture of The Neuromuscular Occlusion using K7 Evaluation System Black, MYO-MONITORJ5(MYOTRONICS)at morita,fukuoka.

Hisashi Takamatsu.DDS.MICCMO

Masateru Miyoshi.DDS.MICCMO

Tsuguyasu Sasaki.DDS.FICCMO




 
 

ロシアで発表をしてきました

2019.10.25

ロシアの国際学会で症例発表をしてきました。。

IMG_7746.jpg

ICCMO(国際顎頭蓋機能学会)の国際会議がロシアのモスクワで開催され、症例発表をしてきました。

学会後にフェローシップとマスターシップの授与式が行われ、ICCMO学会で日本人では数人しかいないマスター(指導医)の認定を受けました。

IMG_7571.jpg

 

神経筋機構に調和した歯科治療を行うニューロマスキュラー・デンティストリーの父と言われるDr.Bernard Jankelsonによって創設されたICCMOは、頭頚部の疼痛および機能不全など種々の症状に悩む人々に対して客観的診断に基づいた適切な治療を行い症状の改善に努めることを目的とする学会で、2年ごとにヨーロッパ、日本、南北アメリカの持ち回りで国際学会が開催されます。

 

IMG_7755.jpg

 

今回は初めてのロシアでの開催でした。学会での発表は演者に応じてロシア語から英語へ、英語からロシア語へ同時通訳が行われました。私は英語での口演を行いました。

IMG_7575.jpg

 

学会後には発表者と参加者を集めたディナーが行われ、本場のウォッカを片手に各国の仲間たちとの親睦を深めました。発表者には記念に大きなマトリョーシカ(中身はウォッカでした!)が贈られとても感激しました。

IMG_7573.jpg

 

次回は2021年にアメリカのニューヨークで開催されるのでまた発表の準備をしたいと思います。

 

ICCMO国際顎頭蓋機能学会

http://iccmo.org

 

ICCMO Japan 国際顎頭蓋機能学会 日本部会

http://www.iccmo.jp

IMG_7756.jpg



























IMG_7753.jpg






































 
 

福岡でセミナーを開催しました。

2019.06.03

モリタ「ニューロマスキュラーデンティストリー入門」〜顎位の偏位を理解するために〜1.5日間コースを株式会社モリタ福岡支店にて開催しました。

IMG_4740.jpg

アメリカのマイオトロニクス社製 K7エバリュエーションシステムとマイオモニターを使用したデモと、生理的咬合の基本概念から顎位の偏位と顎関節症の診断、筋肉位での咬合採得、神経筋機構に調和した最適な顎位へ導くニューロマスキュラー咬合治療の術式について講義を行いました。

参加していただいた先生方には実際にK7システムとマイオモニターを使用した実習で筋電計やセンサーを装着してスキャンの記録方法や咬合採得の方法を学んでいただきました。

 

IMG_4741.jpgLecture of The Neuromuscular Occlusion

using K7 Evaluation System Black, MYO-MONITOR J5 (MYOTRONICS)

at MORITA,Fukuoka,Japan.

Hisashi Takamatsu.DDS.MICCMO

Masateru Miyoshi.DDS.MICCMO

Tsuguyasu Sasaki.DDS.FICCMO

 

http://www.iccmo.jp/

 

http://iccmo.org

 

http://www.myotronics.com





 
 

福岡でセミナーを行います。

2019.05.29

2019052911583636404.png

 

 

モリタ「ニューロマスキュラーデンティストリー入門」〜顎位の偏位を理解するために〜1.5日間コースを株式会社モリタ福岡支店にて開催します。

 

アメリカのマイオトロニクス社製 K7エバリュエーションシステムBlackを使用してデモと生理的咬合の基本概念と診断、最適なニューロマスキュラー咬合治療の術式について講義を行います。

 

ニューロマスキュラー咬合とは、筋肉位の咬合理論に基づく生理的咬合のことです。

 生理的な咬合を得るために最も大切な要素である下顎位は、生理的下顎安静位を基準にして、現在最も進化した歯科用の筋電計 と顎運動計測装置であるK7エバリュエーションシステムを使用して客観的に求めることが出来ます。セミナーでは、実際にK7システムを使用し生理的な咬合の概念とその臨床応用についてデモと実習を通して学んでいただきます。

 

Lecture of The Neuromuscular Occlusion

using K7 Evaluation System Black, MYO-MONITOR J5 (MYOTRONICS)

at MORITA,Fukuoka,Japan.

Hisashi Takamatsu.DDS.MICCMO

Masateru Miyoshi.DDS.MICCMO

Tsuguyasu Sasaki.DDS.FICCMO

 

http://www.iccmo.jp/

 

http://iccmo.org

 

http://www.myotronics.com

 

http://do.dental-plaza.com/search/sp/item/detail/id/2004700000/?filter=detail&keyword=K7




 
 

EXILEのTETSUYAさんとNESMITHさんにお会いしました。

2019.01.29

福岡ヤフオクドームで行われたEXILE LIVE TOUR 2018-2019"STAR OF WISH"ライブ後にTETSUYAさんとNESMITHさんにお会いすることができました。

IMG_0692.jpg








お二人とも私たちのICCMO(国際顎頭蓋機能学会)会員の先生が治療をされており、TETSUYAさんはかみ合わせの治療でオーソシス(マウスピース)を装着してとても調子良いみたいです。

ライブのダンスすごいですね!すっごくよかったです!とお伝えしたら「マウスピースのおかげです」と満面の笑みで答えてくれました。

TETSUYAさんから素敵なツアーグッズをプレゼントしていただきました。

NESMITHさんは熊本出身なので熊本に来られた時は当院でもメンテナンスさせていただくことになりましたヽ(‘ )ノ とても楽しみです。

IMG_0731.jpeg

 

みなさんぜひTETSUYAさん出演のNHK Eテレ Eダンスアカデミー」をご覧くださいね。

TETSUYAさんNESMITHさんありがとうございました!お二人とも優しくてとってもいい方たちでした。スタッフの方々もとても親切にしてくださいました。

招待していただいた市原先生とLDH顧問の一木さん、お誘いいただいた池田先生ありがとうございました。



 
 

工藤監督と

2019.01.27

福岡ソフトバンクホークスの工藤公康監督とかみ合わせやスポーツマウスピースなどについてお話ししました。

 

2019012723184245380.jpg

私たちICCMO(国際顎頭蓋機能学会)が行なっている筋肉位での歯科治療のことや、神経・筋肉がバランスのとれた良い位置で顎を安定させてパフォーマンス向上や怪我の防止、頭頸部の症状の軽減を行うマウスピースについてICCMO日本部会会長の池田正人先生と共にお話しをさせていただいたところとても興味を持っていただきました。特に最近ホークスの選手で首を痛める方が多いそうで、なんとかしてあげたいという監督のご要望にお応えできるように協力させていただきたいと思います。

工藤監督そしてご紹介いただいたICCMO会員の市原先生どうもありがとうございました。


 
 

新しいブログサイト作成中です

2018.11.28
NEW 『ミヨブロ』 院長の活動ブログはこちら↓


 
 

学会で教育講演を行いました。

2018.11.20

東京にて第16回国際顎頭蓋機能学会日本部会(ICCMO-Japan) 学術大会が開催され、教育講演をさせていただきました。今回は「ニューロマスキュラーデンティストリーの可能性を発信する」という学会テーマで様々な臨床応用の発表がありました。新入会員の先生方も多数ご参加いただき楽しく意見交換をすることができました。ありがとうございました。

ICCMO-Japan 16th Congress in Tokyo

http://www.iccmo.jp

http://iccmo.org

2018112015345014077.jpeg

 

2018112015362813497.jpg

IMG_8139.jpg

 
 

大阪で咬合セミナーを行いました。

2018.10.29

株式会社モリタ大阪本社にて「ニューロマスキュラー咬合セミナー・ベーシックコース」が2日間に渡り開催されました。

IMG_7479.jpg

神経筋機構に調和した生理的な咬合理論を当院でも採用しているマイオトロニクス社製マイオモニターとK7エバリュエーションシステムを使用してデモと講義を行いました。

ご参加いただいた先生方、ご協力していただいたモリタ社員の皆様ありがとうございました。

IMG_7419.jpg

IMG_7420.jpg

私たちが実践している『ニューロマスキュラーコンセプト』は顎を動かすことに関わる筋肉が最もリラックスした位置に顎の位置を修正して治療を行うという考え方です。

 

噛み合わせや顎関節症の治療のために、みよし歯科医院が取り入れている『 K7エバリュエーションシステム』は

センサーで3次元的な顎の動きを測定し、顎の位置を探知するスキャナー

筋肉の活動電位を測定する装置

顎関節の音を記録する装置

からなり、これに低周波電気刺激装置『マイオモニタ』ーを併用することにより、最適な顎の位置(筋肉位)を採得することができます。

IMG_7487.jpg

 

 最適な顎の位置は口の開け閉め、顎を動かすことに関わる筋肉が最もリラックスした位置を探し出すことでわかります。

 

歯並びが悪かったり、噛み合わせ、顎の位置がずれていると、口の開け閉め、顎を動かす筋肉の中には、無理な位置で動かざるを得なくなり、筋肉の過度な緊張が生じ、疲れきった状態になってしまうものも出てきます。

 

そこで、マイオモニターで筋肉に電気刺激を与えリラックスさせて、口の開け閉め、顎を動かす筋肉をニュートラルな状態にしてから、上下左右の3次元的に顎の最適な位置を見つけます。

IMG_7486.jpg

それにより、その人の体の骨格神経筋肉噛み合わせ、それぞれにバランスのとれた、調和した理想的な顎の位置で治療を行うことができるのです。

 

不揃いの歯並び、かみ合わせや顎の位置の異常、顎関節症の治療法について

 詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 http://teethsalon.luna.weblife.me/pg207.html



 
 

歯並び、矯正の無料相談をおこないます。

2018.06.07
歯並び矯正に ついての無料相談を行います。
お気軽にご相談下さい。

8月2日(木)
14:00〜18:00まで

■みよし歯科医院の矯正治療の特徴
矯正専門医による治療なので安心で す。
新しい技術・材料を用いて、より早く、きれいに、 患者様により負担の少ない方法で矯正治療を行いますので安心です。
歯並び・かみ合わせの 相談は無料で承ります。(詳しくはお電話下さい。)
カウンセリングを行い、歯並び、かみ合わせ、治療方法、治療期間、治療費をわかりやすく説明します。
初回カウンセリング時に治療の始まりから終わりまでの総費用を明示します。
各種お支払い方法をお選び頂けます。

0964-32-1778


GTY0608507303.jpg

 
 

ニューロマスキュラー咬合セミナーを開催します。

2018.06.07

1027日・28日に大阪にて開催いたします歯科医師対象の咬合セミナーのご案内です。

 次期開催「ニューロマスキュラー咬合セミナー・ベーシックコース」のご案内

 【セミナー概要】

神経筋機構に調和した生理的な咬合理論をマイオトロニクス社製マイオモニターとK7エバリュエーションシステムを使用してわかりやすく解説いたします。

歯列が崩壊し、咬頭嵌合位が利用できない、顎関節も不安定で基準にならないと言う場合に、ただ一つ基準となるのが筋肉位 (生理的安静位)です。患者さんの顎位が不安定でバイトが取れない、正しい顎位で補綴するための基準が欲しい、咬合が原因と思われる不定愁訴を改善したい、このような悩みをお持ちの歯科医師の方には最も有効なセミナーです。 本コースは、歯科医師として必ず身につけるべき生理的咬合の基本概念と診断、治療術式について講義とデモによりわかりやすく解説します。

 

IMG_9902.jpg

 

 

【日時】

20181027日(土)・28日(日)

 【場所】

株式会社モリタデンタルプラザOSAKA 2F pdルーム



 
 

日本アンチエイジング歯科学会に参加してきました。

2018.05.31

13回日本アンチエイジング歯科学会学術大会が大阪市 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル・コングレコンベンションセンターで開催されました。

今年のテーマは「生(いきる)」

各分野の専門家がアンチエイジング、健康で若々しく生きるための提案を講演されました。

IMG_9360.jpg

 

初日の夜にはウエスティンホテルにて懇親会に先駆けてアンチエイジングアワードの授賞式が行われました。

今回のアンチエイジングアワード受賞者は大地真央さんで、とても若々しく健康的で美しい方でした。

 

受賞式での大地真央さんのお話では、美しさというのは健康あってのものであるということ。美と健康の秘訣は正しい食事、充分な睡眠、そして適度な運動だとおっしゃっていました。きちんと心がけたいものですね。

 

 



IMG_9327.jpgE19EB3D4-1DAD-4069-838E-DFBCB19B984F.jpg
3F718639-F2B8-4539-A0C8-EE51223E5686.jpg

 
 

『イエテボリ大学日本スクーリング』に参加してきました。

2018.04.24

 スウェーデン・イエテボリ 大学歯科主任教授、スウェーデン・う蝕学会副会長のピーター・リングストロム教授と、スウェーデン・歯周病学会長のステファン・レンバート教授らによるイエテボリ大学日本スクーリングに参加しました。

 

IMG_8067.jpg

 

ピーター・リングストロム教授から講演「スウェーデンにおけるう蝕治療の最前線」とカリソルブの解説をされ、ステファン・レンバート教授から講演「スウェーデンにおけるインプラント周囲炎治療と歯周病治療の最前線」とペリソルブの解説があり、ルビコンライフサイエンス社のマグナス・オルソン先生とともにペリソルブ・カリソルブの使用方法の解説とデモンストレーションが行われました。

 

当院も数年前から使用しているむし歯の部分だけ溶かす夢のような魔法のような薬「カリソルブ」に加え、歯垢・歯石を柔らかくし、また、歯周病菌を殺菌する歯周病治療に有効な「ペリソルブ」によってむし歯や歯周病の低侵襲治療が可能になり、患者さんにとって安心・安全で優しい治療を行うことができるのです。



 
 

診療時間変更のお知らせ

2018.04.03

診療時間変更のお知らせ

 

 方、夜の時間に勤務するスタッフの確保が困難なため、

誠に勝手ながら診療時間を変更させていただきます。

4月2日より朝9時から午後6時までの診療となります。

 

              月曜〜土曜 9:00〜13:00/14:00〜18:00

              日曜、祝日休診


 
 

福岡でセミナー開催します

2018.03.22

「ニューロマスキュラー咬合セミナー・ベーシックコース」(モリタ友の会クリニカルチャー研修会)が3月にモリタ福岡支店にて開催されました。ご参加いただいた先生方、ご協力していただいたモリタ社員の皆様ありがとうございました。

 630日・71日に再度ベーシックコースを福岡にて、1027日・28日にはアドバンスコースを大阪にて開催いたしますのでぜひご参加くださいますようお願いいたします。

IMG_6632.jpg















IMG_6635.jpg

 次期開催「ニューロマスキュラー咬合セミナー・ベーシックコース」のご案内

 【セミナー概要】

神経筋機構に調和した生理的な咬合理論をマイオトロニクス社製マイオモニターとK7エバリュエーションシステムを使用してわかりやすく解説いたします。

歯列が崩壊し、咬頭嵌合位が利用できない、顎関節も不安定で基準にならないと言う場合に、ただ一つ基準となるのが筋肉位 (生理的安静位)です。患者さんの顎位が不安定でバイトが取れない、正しい顎位で補綴するための基準が欲しい、咬合が原因と思われる不定愁訴を改善したい、このような悩みをお持ちの歯科医師の方には最も有効なセミナーです。 本コースは、歯科医師として必ず身につけるべき生理的咬合の基本概念と診断、治療術式について講義とデモによりわかりやすく解説します。

【日時】

2018630日(土)・71日(日)

【場所】

株式会社モリタ福岡支店 2F会議室

 

IMG_6658.jpg

IMG_6636.jpg

 Lecture of The Neuromuscular Occlusion

using K7 Evaluation System Black, MYO-MONITOR J5 (MYOTRONICS)

at morita,fukuoka.

Masato Ikeda.DDS.MICCMO

Hisashi Takamatsu.DDS.MICCMO

Masateru Miyoshi.DDS.FICCMO

 

http://www.iccmo.jp/

http://www.myotronics.com








 
 

セミナーのご案内

2018.03.19

ICCMO日本部会セミナーが開催されます!

5月20日(日)福岡にて国際顎頭蓋機能学会(ICCMO)日本部会セミナーが開催されます。

今回のセミナーでは「補綴、矯正治療」に焦点をあて、各分野でご活躍されている先生方に特別講演、一般口演をお願いしています。

特別講師として松本歯科大学教授の黒岩昭弘先生と会員で福岡県開業の徳永哲彦先生にご講演いただくと共に会員の先生方4名の口演が予定されています。

皆さまお誘い合わせの上ぜひともご参加ください。

・日程:2018年5月20日(日)  9:30〜16:30

・会場:JR博多シティ会議室9F

・テーマ:神経筋機構に調和した補綴と矯正治療

・特別講師:松本歯科大学歯科理工学講座・黒岩昭弘先生、福岡県宗像市開業・徳永哲彦先生

・ICCMO日本部会会員口演:高松尚史先生、加藤昭浩先生、菊池龍介先生、佐々木継泰先生

・参加費:歯科医師・会員10,000円/非会員12,000円、歯科技工士・スタッフ5,000

・申込締切:4月28日(土)

・申込先:みよし歯科医院(FAX:0964−32−2747)


2018031913543515215.jpg

 
 

咬合セミナーのご案内

2018.02.08

3月に「ニューロマスキュラー咬合セミナー・ベーシックコース」を開催します。


【セミナー概要】

神経筋機構に調和した生理的な咬合理論をマイオトロニクス社製「マイオモニター」と「K7エバリュエーションシステム」を使用してわかりやすく解説いたします。

 歯列が崩壊し、咬頭嵌合位が利用できない、顎関節も不安定で基準にならないと言う場合に、ただ一つ基準となるのが筋肉位 (生理的安静位)です。患者さんの顎位が不安定でバイトが取れない、正しい顎位で補綴するための基準が欲しい、咬合が原因と思われる不定愁訴を改善したい、このような悩みをお持ちの歯科医師の方には最も有効なセミナーです。 本コースは、歯科医師として必ず身につけるべき生理的咬合の基本概念と診断、治療術式について講義とデモによりわかりやすく解説します。

【日時】

201833日(土)・4日(日)

【場所】

株式会社モリタ福岡支店 2F会議室

IMG_4944.jpg

 
 

かみ合わせのセミナーを行いました。

2017.07.31

おかげさまで福岡での「ニューロマスキュラー咬合セミナー・ベーシックコース」2日目も無事に終了いたしました。

 IMG_8559.jpg

ご参加いただきました先生方、スタッフの皆様どうもありがとうございました。

 IMG_8560.jpg

 ベーシックな内容ではありましたが、生理的咬合の基本概念と診断、治療術式、マイオモニター、K7について、講義、デモ、症例を通してご理解頂けたと思います。

 積極的に質問をして頂いた熱心な先生方に感銘を受けました。

 ありがとうございました。

 IMG_8610.jpg

 IMG_8609.jpg

 Lecture of The Neuromuscular Occlusion

using K7 Evaluation System Black, MYO-MONITOR J5 (MYOTRONICS)

at MORITA,Fukuoka,Japan.

Masato Ikeda.DDS.MICCMO

Hisashi Takamatsu.DDS.MICCMO

Masateru Miyoshi.DDS.FICCMO

 

http://www.iccmo.jp/

 

http://www.myotronics.com

 

http://do.dental-plaza.com/search/sp/item/detail/id/2004700000/?filter=detail&keyword=K7

 

IMG_8420.jpg

 
 

咬合セミナーを行いました。

2017.03.06
モリタ「ニューロマスキュラー咬合セミナー・ベーシックコース」1.5日間コース終了いたしました。
 生理的咬合の基本概念と診断、治療術式についての講義と 新発売のK7エバリュエーションシステムEX Blackを使用してデモを行いました。ご参加いただいた先生方やスタッフの皆様ありがとうございました。

IMG_0611.jpg

7月29日・30日に再度ベーシックコースを福岡にて、10月28日・29日にはアドバンスコースを東京にて開催いたしますのでぜひご参加くださいますようお願いいたします。


IMG_0016.jpg






















【7月開催「ニューロマスキュラー咬合セミナー・ベーシックコース」のご案内】

【セミナー概要】
神経筋機構に調和した生理的な咬合理論をマイオトロニクス社製マイオモニターとK7エバリュエーションシステムを使用してわかりやすく解説いたします。

歯列が崩壊し、咬頭嵌合位が利用できない、顎関節も不安定で基準にならないと言う場合に、ただ一つ基準となるのが筋肉位 (生理的安静位)です。患者さんの顎位が不安定でバイトが取れない、正しい顎位で補綴するための基準が欲しい、咬合が原因と思われる不定愁訴を改善したい、このような悩みをお持ちの歯科医師の方には最も有効なセミナーです。 本コースは、歯科医師として必ず身につけるべき生理的咬合の基本概念と診断、治療術式について講義とデモによりわかりやすく解説します。

【日時】
2017年7月29日(土)・30日(日)
【場所】
株式会社モリタ福岡支店 2F会議室

お申し込みはこちら
http://www.iccmo.jp/2017event/

IMG_0015.jpg





















Lecture of The Neuromuscular Occlusion
using K7 Evaluation System Black, MYO-MONITOR J5 (MYOTRONICS)
at morita,fukuoka.
Masato Ikeda.DDS.MICCMO
Hisashi Takamatsu.DDS.MICCMO
Masateru Miyoshi.DDS.FICCMO

IMG_0017.jpg

 
 

咬合セミナーのご案内

2016.05.18
6月に福岡で開催の咬合セミナーのご案内です。
ニューロマスキュラー理論(神経筋機構に調和した咬合理論)は1972年、アメリカのBernard Jankelsonにより提唱された、解剖・生理・機能をベースにした神経筋の生理的・機能的活動を重視した咬合理論です。
今回のセミナーは、「ニューロマスキュラー理論の臨床応用〜生理的な咬合へのアプローチ〜」と題して、そのニューロマスキュラー理論の臨床応用への理解をさらに深めていただくために、基調講演として、ICCMOJapan(国際顎頭蓋機能学会日本部会)会長の池田正人先生よりニューロマスキュラー理論の概要と臨床応用できる各分野を例示して頂き、それぞれの各分野において臨床応用されている会員の先生方(私を含め、青木太郎 先生 、大林裕明 先生 、國廣順之 先生、素村宣慶 先生、松嶋典彦 先生、菊池龍介 先生、末宗清伸 先生の8人の先生方)で講演を行います。
また、九州歯科大学臨床教授の木下俊克先生を講師にお招きして、「パラファンクション・態癖と咀嚼運動路を考慮した包括歯科臨床の実際」という演題で特別講演を行っていただきます。日々の臨床に役立つ充実した内容となっておりますので、先生方やコデンタルスタッフお誘い合わせの上ぜひご参加下さいますようお願い申し上げます。

開催日 : 2016年6月19日(日)9:30〜16:30
会 場 : 福岡県歯科医師会館5階  〒810-0041 福岡市中央区大名1丁目12番43号 TEL: 092-771-3531
参加費 : ICCMO Japan 会員歯科医師 5,000円/非会員歯科医師 7,000円/歯科技工士・スタッフ 3,000円
申込締切 : 2016年5月31日(火)

IMG_9328.jpg

 
 
83件中(1件〜20件を表示しています)   前   |